1. ホーム
  2. 乳液おすすめ2022年&20代・30代・40代のバリア機能を守る
乳液

乳液おすすめ2022年&20代・30代・40代のバリア機能を守る

プチプラ・デパコスで人気な乳液をおすすめ

乳液には、化粧水美容液に後に塗って、保湿した肌のうるおいをキープする役割があります。

クレンジングや洗顔をすると、肌のバリア機能を担っている皮脂膜が一度落ちてしまいます。この皮脂膜が回復するまでバリア機能を担ってくれるのが乳液です。

バリア機能は年齢とともに衰えていきます。30代・40代・50代の肌悩みには、しっかりと保湿した後の乳液ケアが大切です。

乳液を検討するなら、化粧水や美容液などと一緒に試せるトライアルセットから始めてみましょう。特に、乾燥による小ジワ・シミ・くすみなどのエイジングサインを改善したいなら、乳液や保湿クリームなどの「保護する」ケアは大切です。

特に、FANCL(ファンケル)の「エンリッチプラス 1ヵ月集中セット」は化粧液と乳液が本品と同じ1ヵ月も試せます。FANCLが初めてならトライアルセットがお得です。

FANCL エンリッチプラス 1ヵ月集中セットの商品画像
FANCL エンリッチプラス 1ヵ月集中セット

1,800円(税込) 1ヵ月分

エンリッチプラスの化粧液・乳液が1ヵ月分たっぷり試せるセット。美容液やクレンジング、酵素洗顔のおまけ付き。

アテニアの「ハリ肌化粧水セット」は乳液2週間分を試せます。人気の化粧水「ドレスリフトローション」は1.5ヵ月分でお得です。

アテニア ドレスリフト ハリ肌化粧水セットの商品画像
アテニア ハリ肌化粧水セット

1,200円(税込) 約1.5ヵ月分

ドレスリフトローションが1.5ヵ月分試せるセット。約14日分の乳液とクリームに、目元用美容液も付いてくる。【PR】

記事内では、ドラッグストアで買えるプチプラ乳液も紹介しています。プロのエステティシャンには乳液ケアの大切さ、乳液の効果的な使い方も取材しました。プロが愛用する乳液もおすすめです。

※浸透=特に表記がない場合は角層まで(以下同)

※エイジングケア=年齢肌に応じた手入れのこと(以下同)

※美白=メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ(以下同)

NARITAIは、正しく価値ある情報を届けるため、薬機法(厚生労働省)や健康増進法(消費者庁)等のルールを順守します。
目次

肌がゆらぎやすい季節の乳液をおすすめ【2022年7月更新】

暑さを感じる季節になると、ゆらぎ肌に悩む日も多くなります。大人ニキビや肌荒れが気になるなら乳液を見直してみましょう。

スキンケアではさっぱりしたいなら、乳液は軽いつけ心地のものだと使いやすいですね。

「ノブⅢ ミルキィローション」は、敏感肌やトラブルの多いゆらぎ肌向けの乳液です。シリーズの化粧品がライン使いで試せるトライアルセットは、皮膚のバリア機能を高めるケアの見直しにぴったりですよ。

ノブⅢシリーズ トライアルセット
ノブⅢシリーズ トライアルセット

1,650円(税込) 1週間分

敏感肌・トラブル肌向け保湿ケアライン。洗顔、化粧水、美容液、乳液、保湿クリーム等が1週間試せる。限定ミニボトル付き。

オルビスの「ニキビ・毛穴対策スターターセット」は、大人ニキビができやすい肌ゆらぎにおすすめです。保湿液もべたつきを感じにくいので、心地良く肌を保護することができます。

オルビス ニキビ対策スターターセットの商品画像
オルビス ニキビ・毛穴対策スターターセット

980円(税込) 1週間分 ※初回限定

人気の薬用洗顔料・化粧水・保湿液のミニボトルをセット。5種の和漢植物エキス、ビタミンC誘導体の毛穴ケア成分などを配合。

年齢肌の悩みが気になるなら、エイジングケアライン・オルビスユーを試してはいかがでしょうか。「オルビスユー モイスチャー」は、ぷるぷるとしたテクスチャーで、べたつかない、みずみずしい印象です。

オルビスユー
オルビスユー 体験セット

980円(税込) 7日間分

人気エイジングケアシリーズの洗顔料・化粧水・保湿液が体験できるセット。シワ・シミ用美容液のお試しサイズ等も付く。

プロが伝授・乳液の効果的なケア3ステップ

乳液の役割を説明する、エステティシャンの前田さん

美容液やクリームにこだわりがあっても、乳液については深く考えたことがない人も多いのではないでしょうか。実は、乳液には乳液だけの大事な役割があるんです。

NARITAIは、エステティシャンの前田さんに乳液ケアの方法を聞きました。

エステティシャンの前田さん
監修者 前田 綾香 さん
福岡県在住

エステティシャン・メイクアップアーティスト・スクール講師。
福岡市中央区浄水町にあるトータルビューティーサロン『mumu』勤務。サロンを運営するBe-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL スクールでスキンケアレッスン(エステ)も担当する。自身もBe-STAFFで学んだ卒業生。

――乳液はスキンケアのどこで取り入れるのですか?

洗顔後、まずは化粧水でたっぷりと保湿しますね。次に、解決したい肌悩みがあれば美容液を入れてあげます。

乳液は、美容液でケアした後に塗ります。化粧水と美容液が肌から蒸発するのを防ぐためです。

――乳液は手とコットンどちらを使えばいいですか?

乳液は、メーカーによって適切なケアは異なりますが、基本的には手で肌に入れてあげます。

乳液の使い方を、順を追って紹介しますね。

STEP1.適切な量の乳液を取り出す

まず、乳液を手のひらに出します。使用量の目安を参考に、足りない分はプラスしても構いません。

ただし、出す量が少なすぎるとケアで摩擦を生んでしまいます。肌荒れにもつながるので気を付けてくださいね。

適切な量の乳液を手のひらに取り出す様子

STEP2.手のひらで乳液を温める

次に、手のひらを合わせて乳液を軽く温めます。温めることでテクスチャーがゆるくなり、乳液が入っていきやすくなるでしょう。

手のひらで乳液を温める様子

STEP3.顔全体に優しくひろげていく

温めた乳液を、優しく肌にのせていきます。摩擦を起こさないようケアしていきましょう。

顔の筋肉に逆らってのばしていくと、シワやたるみの原因になりかねません。下から上へと優しくケアしてあげましょう。

温めた乳液を顔全体に優しくひろげている、エステティシャンの前田さん

小鼻や目尻などは塗り忘れてしまいがちです。指を使ってのばしていきしましょう。

乾燥を感じる部分には重ね付けしてあげるといいですよ。

のばした後は、顔全体をハンドプレスします。癒される瞬間です。

乳液の大切な役割・保湿した肌にフタをする

――乳液の重要性がイマイチわからず…たまに省いてしまいます

化粧水や美容液と比べて、乳液の役割はあまり知られていないですよね。しかし、乳液には、肌の潤いバランスを保つ大事な役割があるんです。

肌の表面には、皮脂と汗などが混じり合ってできた「皮脂膜」があります。水分の蒸発を防いだり、外的な刺激をやわらげたりしてくれるのが皮脂膜です。

ところが、皮脂膜は、クレンジングや洗顔によって洗い流されてしまいます。皮脂膜がない状態ですと、化粧水で保湿したところで、肌の表面から水分が逃げていってしまうのです。

乳液を塗ることで、肌に脂の膜をつくってあげることができます。乳液で肌に蓋をしてあげれば、化粧水の保湿力や美容液の成分も閉じ込めることができるでしょう。

乳液って、とっても大事なスキンケアアイテムなんです。

――保湿した肌に蓋をするならクリームでもいいのでは?

乳液の代わりにクリームを使うのは、あまりおすすめできません。なぜなら、クリームは足りない油分を補うものだからです。

クリームを乳液の代わりに使うと、肌の状態によっては油分を与えすぎてしまいます。ニキビ肌や脂性肌(オイリー肌)であれば、特に重たく感じてしまうかもしれません。

クリームは、乳液を塗ってなお乾燥する場合に追加するといいですよ。空気が乾燥する冬にだけ最後にクリームをのせる、夏は肌が重たくなるので乳液で終えるなど、季節によってスキンケアを変えてみましょう。

乳液の重たさ、べたつきが気になるのであれば、さっぱりタイプの商品がおすすめです。好みの乳液を見つけて、肌にしっかり蓋をしましょう。

――乳液はスキンケアの必須アイテムなのですね

そうですね。乳液はお肌をやわらげてくれます。

水分と油分のバランスにも優れているので、過剰な皮脂の分泌を抑えつつスキンケアできるでしょう。ニキビ肌や脂性肌(オイリー肌)であればなおさら、水分を逃がさないためにも乳液を使ってあげてください。

まずは、自分の肌の状態をよく観察して、今のスキンケアで十分に潤っているか確かめることが大事です。自分にとって必要なアイテムをそろえていきたいですね。

口コミ・美容のプロ前田さん愛用の乳液

――前田さんが愛用している乳液を教えてください

私は、CEFINE(セフィーヌ)の「ナノミック ザ・エマルジョン」を愛用しています。エイジングサインが気になる人向けの乳液です。

年齢を重ねていくにつれシワやたるみなどが気になってきたので、同じブランドの化粧水と一緒に使い始めました。使い始めて2~3ヵ月程度ですが、自分に合っていると感じたのでリピート予定です。

愛用の乳液を紹介している、エステティシャンの前田さん

――「ナノミック ザ・エマルジョン」のどこを気に入っていますか?

乳液って、重たくてべたつくイメージもありますよね。ですが、「ナノミック ザ・エマルジョン」はあまりそれを感じず、使いやすいところが気に入っています。

乾燥による小ジワが悩みなのですが、この乳液は肌にハリを与えてくれるので、私に合っているようです。精油のローズの香りにも癒されます。

「ナノミック ザ・エマルジョン」を取り扱っているサロン、または公式ホームページで購入できます。

ドラッグストアで買えるプチプラ乳液ランキング

使用感の好みがはっきりと分かれ、なかなか「これ!」という商品に出会えないのが乳液です。どのような肌に仕上げたいのか考えて選びたいですね。

ここでは、年齢別におすすめのプチプラ乳液を紹介しています。プチプラ乳液は安いので失敗した時のがっかり感も大きくなく、自分に合ったアイテム探しにうってつけです。

NARITAI編集長が試した中で、使用感の良かった商品を案内します。デパコス乳液に挑戦したい人向けの商品も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

NARITAI 編集長 後藤 雅子
大分県出身・福岡県在住

コスメコンシェルジュ®/日本化粧品検定1級・2級。
ライター・編集歴15年。ライフスタイル・旅行・教育など、幅広いジャンルの雑誌・書籍・Webメディア制作に携わる。
20代後半から今まで試してきたコスメは1,500アイテム以上。深刻な乾燥肌の持ち主で、季節の変わり目には必ず肌がゆらぐのが悩み。

20代のプチプラ乳液ランキング

肌のべたつき、テカリが気になる20代。ニキビゆらぎ肌に悩まされている人も多いのではないでしょうか。

そんな20代におすすめの乳液は次の3つです。

ちふれの「乳液 さっぱりタイプ」、なめらか本舗の「乳液 N A」は、使い心地がさっぱりしています。テカリが気になる人におすすめです。

ちふれ「乳液 さっぱりタイプ」は150mLで605円(税込・詰替用は495円)で、なめらか本舗「乳液N A」は150mLで990円(税込)。コスパを重視したいなら、ちふれがいいかもしれません。

ニキビケアを重視したいなら、FANCL(ファンケル)の「アクネケア ジェル乳液」を試してみましょう。

大人ニキビをできにくい肌にするためにも、乳液でバリア機能を高めることが大事です。「アクネケア ジェル乳液」は私もニキビがひどかった時に愛用しました。

FANCLはデパートでも販売されているブランドですが、「アクネケア ジェル乳液」は18g(約30日分)で1,650円(税込)とプチプライスです。気軽に試すのにぴったりですね。

デパコスの乳液に挑戦するなら

イプサの化粧液「ME」シリーズは、肌質・肌の状態に合わせて選べます。

例えば、肌に潤いはあるが脂っぽいと感じているなら「ME 1」を試してみましょう。脂性肌(オイリー肌)でカサつきも気になるなら、敏感肌用の「ME センシティブ 1」が合うかもしれません。

30代のプチプラ乳液ランキング

ストレス、オフィスの乾燥などで、肌荒れに悩まされることが多い30代。インナードライターンオーバーの乱れも気になりますよね。

そんな30代におすすめのプチプラ乳液はこちらです。

乾燥小ジワが気になりだしたら、シワ改善有効成分ナイアシンアミド配合のFANCL(ファンケル)「エンリッチプラス 化粧液Ⅱ しっとり」がおすすめ。しっとりタイプですがべたつかないので、湿度の高い6月~7月でも好んで使っています。

エンリッチプラスは、およそ乳液1本分の価格(1ヵ月分)で化粧液も一緒に試せるトライアルセットがあります。初めてならトライアルセットがお得です。

FANCL エンリッチプラス 1ヵ月集中セットの商品画像
FANCL エンリッチプラス 1ヵ月集中セット

1,800円(税込) 1ヵ月分

エンリッチプラスの化粧液・乳液が1ヵ月分たっぷり試せるセット。美容液やクレンジング、酵素洗顔のおまけ付き。

ノブⅢシリーズの「ミルキィローション」は、肌が揺らぎがちな季節の変わり目に好んで使っています。無香料なのでにおいも気になりません。

ノブはドラッグストアでも買えるコスメですが、乳液は少し高めです。検討するなら、乳液だけでなく洗顔や化粧水、美容液もライン使いで試せる1,650円(税込)のトライアルセットから始めてみましょう。

ノブⅢシリーズ トライアルセット
ノブⅢシリーズ トライアルセット

1,650円(税込) 1週間分

敏感肌・トラブル肌向け保湿ケアライン。洗顔、化粧水、美容液、乳液、保湿クリーム等が1週間試せる。限定ミニボトル付き。

大人ニキビが気になるなら、乳液はオルビスのクリアフルシリーズがおすすめです。

疑似セラミドを配合した保湿液は、化粧水で保湿した後の肌にうるおいの膜をつくってくれます。肌が敏感になりがちなら、クリアフルシリーズでバリア機能を意識したケアをしてみましょう。

クリアフルシリーズは980円(税込)で試せるスターターセットがおすすめです。

オルビス ニキビ対策スターターセットの商品画像
オルビス ニキビ・毛穴対策スターターセット

980円(税込) 1週間分 ※初回限定

人気の薬用洗顔料・化粧水・保湿液のミニボトルをセット。5種の和漢植物エキス、ビタミンC誘導体の毛穴ケア成分などを配合。

デパコスの乳液に挑戦するなら

保湿力を重視したいなら、エストの「ザ エマルジョン」も試してみましょう。

ひどい乾燥を感じていて、化粧水だけでは保湿が足りない人にぴったりの乳液です。しっとり・さっぱりで3種類に分かれていて、仕上がりが選べるようになっています。

40代のプチプラ乳液ランキング

肌にハリがなくなってきた、シミ・くすみが気になってきたなど、40代はエイジングサインと付き合っていかなければなりません。日々の乳液ケアで対応していきましょう。

40代におすすめの乳液は次の3つです。

アクアレーベルの「バウンシングケア ミルク」は、乾燥小ジワを目立たなくしてくれる(効能評価試験済)プチプラ乳液です。130mLで1,980円(税込)なので値段を気にせずたっぷり使えますよ。

オバジ大好きなNARITAI編集長は「アクティブベース クリアミルク」も愛用中です。120mL・3,850円(税込)で、オバジアイテムの中では比較的手にしやすい値段だと思います。

やわらかなテクスチャーで塗りやすく、べたつかないので気に入っています。ほのかなフローラルの香りはさほど気にならないので、メイク前の乳液にもぴったりです。

マキアレイベルの「クリアエステエマルジョン」は80mL・5,500円(税込)で約2ヵ月試せる量です。朝夕2回のケアで使えます。

デパコスの乳液に挑戦するなら

スペシャルケアの乳液には、クラランスの「ブライトプラス モイスチャライジング エマルジョン」はいかがでしょうか。乾燥肌や混合肌、脂性肌(オイリー肌)はもちろん、普通肌にも使えるアイテムです。

「ブライトプラス モイスチャライジング エマルジョン」は朝夕どちらにも使える乳液です。クラランスは優しい香りの商品がそろっていて、わくわくします。

30代・40代・50代のエイジングケア向き乳液

乾燥小ジワ、たるみ、シミ・くすみなど、年齢肌の悩みが出てきたら乳液の見直し時かもしれません。

エイジングサインをケアしたいなら、保湿力の高い乳液ハリケア目的の乳液を選んでみましょう。

アテニアの「ドレスリフト」シリーズは、エイジングケア(=年齢に応じたケア)向けのライン。日中用(朝のスキンケア用)乳液は、ダマスクローズを基調としたアロマの香りが特徴です。

ドレスリフトには、洗顔、ローション(化粧水)、日中用乳液、夜用クリームをセットで試せるトライアルがあります。

アテニア ドレスリフト 14日間のハリ体験プログラムの商品画像
14日間のハリ体験プログラム

1,527円(税込) 約14日分

アテニア「ドレスリフト」シリーズのお試しサイズ。洗顔、化粧水、日中用乳液、夜用クリーム、クレンジングのセット。【PR】

「つや玉」で有名なエリクシール(ELIXIR)のハリケアライン・シュペリエルは、しっとりタイプの乳液がおすすめです。しっとりタイプでも、べたつきを気にせずケアできます。

シュペリエルシリーズの化粧水・乳液が1週間試せるトライアルセットがおすすめです。

エリクシール シュペリエル トライアルセットの商品画像
エリクシール シュペリエル トライアルセット

968円(税込) 1週間分

エリクシール シュペリエルの化粧水・乳液(しっとりタイプ)が1週間お試しできるセット。天然コットン28枚付き。

ハリ肌ケア用の乳液をしっかり試したいなら、FANCL(ファンケル)の「エンリッチプラス 1ヵ月集中セット」もおすすめです。ハリ肌ケアの化粧水・乳液に、美容液やクレンジングなどのおまけもついてきます。

FANCL エンリッチプラス 1ヵ月集中セットの商品画像
FANCL エンリッチプラス 1ヵ月集中セット

1,800円(税込) 1ヵ月分

エンリッチプラスの化粧液・乳液が1ヵ月分たっぷり試せるセット。美容液やクレンジング、酵素洗顔のおまけ付き。

Q&A・よくある乳液の疑問

トータルビューティーサロン『mumu』のスタッフで、Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSALの講師も務める前田綾香さんが、よくある乳液の疑問に答えてくださいました。

乳液の役割を説明する、エステティシャンの前田さん

1.乳液、美容液、クリームの違いって何ですか?

乳液は、クレンジングや洗顔で落ちてしまった皮脂膜の代わりに、肌表面から水分を逃さないようケアするアイテムです。保湿した後、肌に蓋をする役割を担います。

美容液は、悩みに応じた美容成分を肌に与えるための化粧品です。シミやくすみ、乾燥による小ジワなど、自身が抱えている肌悩みと相談しながら取り入れましょう。

クリームも、乳液と同じく肌に蓋をするための美容アイテムになります。ただし、場合によっては油分を与えすぎてしまうため注意が必要です。

2.乳液で毛穴やニキビのケアはできる?

毛穴やニキビが気になるのであれば、肌のバランスを整えるためにも乳液を使ってあげましょう。

毛穴のひらきは、乾燥、皮脂が過剰に分泌されているのか、たるみなのか等、様々な原因が考えられます。原因によって、保湿力の高いもの、皮脂分泌を抑える目的のもの、黒ずみ毛穴ケアを目的としたビタミンCが入ったものなど、乳液の選び方も工夫できるといいですね。

ニキビ肌の人は「肌に油分を与えたくない」と考えがちです。しかし、肌から水分が逃げて乾燥してしまうと過剰に皮脂が分泌されるので、かえってニキビがひどくなります。

乳液は、思春期ニキビであれば皮脂分泌を抑える目的のもの、またはノンコメドジェニックテスト済みの商品を選んでみるといいでしょう。敏感肌向けのものなど、肌への刺激が少ない乳液も試してみてください。

大人ニキビであれば、肌の乾燥が原因かもしれないので、化粧水とあわせて保湿に気を配りましょう。肌のバリア機能を高めるスキンケアに加え、ターンオーバーの乱れを整えるためにも睡眠や食生活も見直したいですね。

乳液では、毛穴やニキビの悩みを直接的には解決できないかもしれません。しかし、スキンケアに乳液を取り入れることで、毛穴やニキビのできにくい肌作りを実現できるはずです。

ケアの目的、使用感の好みにかなった、自分に合う乳液と出会えるといいですね。

3.乳液で顔をマッサージしても大丈夫?

擦るように行うマッサージであれば、あまりおすすめできません。

最近の乳液はとても進化していて、肌にすっと入っていくものも多いようです。肌になじんでしまったところに強いマッサージを加えると、摩擦を生みトラブルにつながってしまいます。

乳液を入れる時は、軽くツボを押したり、優しくリンパを流したりしてあげるくらいにとどめておくといいでしょう。こめかみや嚙み合わせの部分を軽く押してあげる、リフトアップケアもいいですよ。

4.朝や夏場などべたつきが気になる時は乳液を省いてもいい?

正直に言いますと、肌のためにも乳液は省かないでほしいなと思います。重たく感じたり、べたつきが不快だったりする気持ちは、とてもよくわかるのですが。

特に、夏場は紫外線や冷房など、外的刺激が肌にダメージを与えます。乳液を省いてしまうのはおすすめできません。

どうしても気になるなら、夏場はさっぱりタイプの乳液に切り替えてみてはいかがでしょうか。朝の時短を目指すのであれば、UV乳液やティントタイプの色付き乳液も試してみてください。

5.最近話題の「先行型乳液」と普通の乳液の違いを知りたい

先行型乳液は、普通の乳液とはスキンケアの目的が異なります。

普通の乳液は、化粧水や美容液の上から重ねて肌に蓋をするものです。水分や美容成分を肌の表面から逃さず、肌のバランスを保ってくれるアイテムですね。

先行型乳液は洗顔の直後につける化粧品です。肌をやわらげてくれるので、次に使う化粧水が入っていきやすくなります。

普通の乳液は、先行型乳液の代わりにはならないので注意してくださいね。

乳液でスキンケアをグレードアップしよう

乳液がスキンケアにとって欠かせないアイテムです。ひと手間を加えると、乳液が肌になじみやすいこともわかりましたね。

この記事を参考に、自分に合った乳液探しをしてみましょう。前田さんのアドバイスをもとに、ケア方法も見直してみてください。

バリア機能を高めるスキンケア、今日から初めてみませんか?

Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 福岡本校の様子
取材協力 Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 福岡本校
福岡県福岡市中央区

全国最大規模のメイクアップオフィスが運営する専門教育機関。創立者(名誉学校長)・山口博美さんの「利より信」を大切に、一人ひとりの能力を最大限に引き出すレッスンを実施している。 福岡本校の他、東京校、北九州小倉校、熊本校、久留米校がある。高校生からシニアまで幅広い年齢のメイク好きが通う。